Toggle Menu

スタッフBLOG

テニスルール その⑨ ポイントペナルティ

こんにちは、今回はポイントペナルティについてです。

全米オープン女子シングルス決勝で起きたポイントペナルティはこのルールをもとにして判断されました。

一回目の違反  警告 「プレーヤーは試合中にコーチングを受けてはならない(セレナのコーチがサインを出していた。)」

二回目の違反  1ポイントを失う。「ラケットや用具の乱用(試合コート上で怒りを込めてラケットを破壊した。)」

三回目の違反  その都度1ゲームを失う。「言葉による侮辱(アンパイアに対して泥棒、嘘つき等の侮辱した言葉を使った。)」

今回のケース以外に時間遅延、ゲームの遅延、ひわいな言葉、ひわいなしぐさ等もペナルティの対象になります。これはチェアアンパイアが主に判断するものですが、チェアアンパイアのつかない一般の大会ではロービングアンパイアがコート外から観察しているので目に余る行動は外からペナルティコールがされる場合もあるので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

top